交通事故の慰謝料の計算は保険を加味して考慮する

交通事故の慰謝料の計算は、加害者が加入している保険によって大きく変わります。慰謝料というのは被害者が受けた精神的な損害を補償するために被害者に与えられる権利のことを意味しますが、法律上は慰謝料請求権に請求金額の上限は存在しません。そのため、いくらでも請求しようとすれば請求することが可能です。ただし、実際に請求できることと請求した金額の慰謝料をそのままもらうことができるかどうかは別の問題です。請求金額が必ずしもすべて通るわけではないので、しっかりと相場を計算して現実的に請求できる金額を決定しなくてはいけません。

 

交通事故の慰謝料の計算は保険を加味して考慮する

 

では、どのような基準で計算をしていけばよいのでしょうか。大きな基準となるのは、保険会社の存在です。日本で自動車を購入すると、必ず強制的に自賠責保険に加入する必要がありますのでまずは自賠責保険から交通事故によって生じた損害を相手に対して支払うことになります。自賠責保険の特徴は民間の保険会社と異なって支払う金額が一律に決まっていることです。1日あたりの金額が4200円を基準として決まっているため、この4200円を基準として入院日数や治療にかかった期間を考慮して計算することになります。

 

そして、こうした自賠責保険で支払うことができない金額に関しては、民間の保険会社を利用するのです。民間の保険会社への加入義務は強制ではないため、自動車を購入した本人が自身の意思でどの会社がよいのかを選択しなくてはいけません。民間の保険会社に加入していれば多額の慰謝料を請求されたとしてもほとんどその保険でまかなうことができるため安心して任せることができます。

 

また、実際に交通事故の計算をするときには精神的な損失だけではなく物的な損害も考えなくてはいけません。物的な損害の場合は慰謝料ではなく損害賠償請求で計算することになるため、自動車が壊れてしまったときにはこの損害賠償で保険会社などを考慮して計算しなくてはいけないことを知っておきましょう。