つい先日

 つい先日のことですが、自家用車を使い、仕事の得意先回りをしているとき、事故に遭ってしまいました。交差点で信号が青になったので、私はそのまま直進し交差点内に進入。相手方は私の正面にいて、信号が青になったので、私と同じように交差点に進入。違うのは、相手方が右折してきたことで直進車である私と右折車である相手方が、ちょうど交差点の中心付近で接触することになりました。
 警察を呼び、現場の検証を行ったのですが、相手方の方から私の存在が見えていなかったとのこと、また、付近のビルで資格の講習があり、車を停めるためのコインパーキングを探していてよそ見をしていたこと、ちょうど右手にコインパーキングがあり、私の存在に気が付かなかったというのが真相のようでした。
 ただ、私自身の車も動いていましたので、過失が全くないわけではなく、結構な衝撃でしたので、結局、修理には保険を使わなければならないのかなと考えていました。
 ただ、相手方の方も、すみませんでしたの一言から始まり、話の分からない方ではなさそうでしたし、任意保険にも加入していましたので、まずはヤレヤレという感じで、その場を後にしました。
 私は、すぐに保険会社に状況を報告し、保険会社から紹介してもらった修理工場にすぐ車を修理に出し、相手方の方も同じような対応を取っていると保険会社の担当者から聞きましたので、意外と早く一連の手続きが終わるのかなと考えていました。
 ところが、私の方の保険会社の対応は、スムーズだったのですが、相手方の加入している保険会社の対応がとても遅く、よく社会人として勤まっているなと思えるほどで、びっくりしました。
 何しろ、私の保険会社の担当者が電話で連絡しても、ほとんど不在。折り返しの連絡をお願いしても無視という状態で、話が全く進まないのです。保険を使って修理という過程までは、スムーズに終了しましたが、そこから先、過失割合の話などが進まないのです。
 事故を起こした相手方の方は、物わかりの良さそうな丁寧な方でしたし、事故自体は典型例のような事故でしたので、そんなに長引く話ではないのですが、何しろ、そもそも電話に出てもらえないのでは話になりません。
 私の保険会社の担当者が何度電話しても応じてもらえないので、時間ばかりが経過していき、やっとのことで過失20対80ということで話がついたのは、事故から2か月近くが経過してからでした。
 この事故を体験してから、保険料は、安ければ安いだけ良いという私の考え方が少し変わりました。私の加入していた自動車保険も、国内のネット系保険会社で、保険料は安い方だったと思いますが、これはきちんと保険会社選びをしなければならないなと、再認識させられた事故でした。