交通事故に遭った際もしくは起こした際に、必ず関わってくるのが自賠責保険と任意保険です。

 

交通事故における任意保険の役割と賠償額算出基準

 

自賠責保険は強制加入であり、車やバイクを所有していれば必ず加入する保険です。これは交通事故に遭った時に最低限の補償(人身事故のみの補償)が受けられる保険です。しかし、自賠責保険で支払われる補償額には限度額が設定されており、例えば傷害の場合ですと120万円が限度額となっています(他にも死亡や後遺障害などで限度額の設定があります)。この自賠責の限度額を超えてしまった補償額をカバーするのが任意保険の役目と言ってよいでしょう。任意保険はその名の通り、任意で加入する保険です。自賠責保険と違い、強制加入ではありませんが、車やバイクを所有、運転する人はほとんど加入しています。交通事故に遭った時、被害者に対応していく窓口はこの任意保険会社の担当者となります(この面では加害者側にとっては非常にありがたい存在です)。この場合の保険会社は被害者が加入しているところではなく、被害者が加入している保険会社となります。加害者加入の任意保険会社は被害者の医療費、休業損害、慰謝料などを算出し賠償額を提示してきます。しかし、前に述べたように、任意保険会社はあくまでも自賠責保険の限度額を超えた部分を補償するわけですから、この超えた部分の少しでも抑えようと考えてきます。軽い損害の事故であれば自賠責の限度額内で済ませようとする場合もあります。また、任意保険の算出する損害額は自賠責保険が採用する最低限の補償基準で計算されます。これはいわゆる裁判所基準(弁護士さんが採用する基準)と比べると金額的にだいぶ低いものです。また、過失割合の計算でも加害者よりであり、少しでも被害者側の過失を見つけようと重箱の隅をつつくような対応をする保険会社も存在します。ですから、任意保険会社の賠償額提示があった場合は、裁判所基準と比べてみて、それが適正な金額かどうかを確認する必要があるのです。