交通事故によるむち打ちの治療と後遺症について

交通事故の被害に遭った場合には治療を受けることになります。治療費は加害者側の保険会社が補償してくれますので、自ら負担する必要はありません。ただし全ての怪我が完治する訳ではありませんので、一定期間治療を継続した結果、症状が残ってしまうこともあります。そのことを症状固定と言いますが、症状固定になりますと後遺障害等級が認められて、慰謝料の金額が大幅に増えることになります。その為、適切な後遺障害等級で認定される必要がありますが、少し注意しなければいけないのがむち打ちの症状が残った場合です。
むち打ちは交通事故の怪我の中では比較的多いです。事故直後は痛みなどが出ないケースもありますので、大した事故ではないと判断して、その場で加害者と話を済ませてしまってはいけません。必ず警察に連絡をしてから、病院を受診する必要があります。

 

後遺症には目に見えやすい後遺症と目に見えにくい後遺症が存在します。目に見えやすい後遺症とは身体に傷跡が残ったりする場合で、比較的判断が容易です。一方、目に見えにくい後遺症は本人しか症状が分からず、客観的に判断することが難しいです。むち打ちは目に見えにくい後遺症になりますので、場合によっては後遺障害が認められないこともあります。後遺障害等級が認定される場合は12級か14級で、12級は画像などで客観的に医学的判断がつくケースで、14級は説明可能な症状であり医学的に推定されるケースが該当します。実際にはむち打ちの場合は14級で認定されることが多いです。

 

むち打ちで後遺障害等級が認められな要因はいくつかあります。交通事故がそれほど大きく無い場合には、怪我もそれほど重くないと推定され、認定されにくいです。また定期的に通院していなかったり、症状に一貫性が無い場合も認定されません。さらに怪我でよくあるケースですが、雨の日や季節によって痛みが発生する場合も、後遺症としては認められません。

 

このようにむち打ちは外部からの判断が難しい分、様々な点を考慮して判断することになります。