交通事故の際の弁護士費用について

交通事故の被害に遭った場合には弁護士に相談することをお薦めします。自分は被害者なのだから黙っていても、加害者側から慰謝料などの損害賠償金をきちんと支払ってもらえると考えがちですが、実際には様々な交渉を必要とします。交通事故の被害者と加害者はお互い金銭的な利害関係が対立することになりますので、想像以上に手間がかかります。もし交通事故で怪我が発生した場合は、怪我の治療を進めて行きつつ示談交渉なども行わなければいけなくなりますので、非常に身体的あるいは精神的な負担が大きいです。しかしその様な場合に弁護士に依頼しますと、交渉を一任することが出来ますので、被害者の負担は大きく減少します。

 

弁護士に依頼する場合は当然ながら費用が発生します。自ら示談交渉を行う場合の負担を軽減出来る点や、損害賠償金をどれくらい増額出来るかによって、依頼するかどうか判断する必要があります。一般的には契約する段階で着手金が必要となりますが、交通事故の示談交渉に関しては着手金無料で引き受けてもらえる弁護士事務所が比較的多いです。交通事故の示談交渉が成立した場合は、保険会社から弁護士事務所に損害賠償金が振込まれることが一般的です。そこから報酬分を差し引いて残りを、依頼者に渡すことになります。ですので、交通事故の示談交渉は弁護士事務所としては報酬をもらい損ねるリスクが少ないです。その為、着手金は無料で引き受けてもらえることになっています。

 

ただし着手金無料で引き受けてもらえるケースでは、成功報酬の割合が着手金を支払うケースよりも多いことが一般的です。最終的には支払う費用は着手金有りのケースの方が安く済むことになりますが、依頼者側からしてみれば多少費用が多くかかったとしても、損害賠償金を増額出来た段階で報酬を支払う方が好まれます。

 

自動車保険には弁護士費用特約がありますので、出来れば付帯させておいた方が良いです。保険会社によって内容はことなりますが、一般的には300万円程度までの弁護士費用を補償してもらえます。